youtubeに動画を投稿して稼ぐためのコツ

最近ではテレビや雑誌にも、ユーチューバーが登場する事が少なくないです。しかも中には一般人として、youtubeに動画の投稿を続け、会社員では稼ぐ事が出来ない様な大金を稼ぎ続けている人もいます。そういった成功例が紹介される事が多いので、自分もyoutubeに動画を投稿して稼ごうと考える人も増えているのです。ただしyoutubeに動画を投稿し始めれば、即収入が得られる訳ではない点をまずは理解しておく必要があります。 というのもyoutubeで収入を得るには、チャンネル登録者数が1000人以上で年間再生回数が4000時間以上という収益化の条件をクリアしなければなりません。逆に言えば幾ら数多くの動画を作って投稿し続けても、この条件をクリアするまでは基本的に無収入の状態が続く事になるのです。 収益化の条件をクリアする方法は、動画の再生回数を効率良く増やす事が大事となります。再生回数が安定して稼げる様になれば、チャンネル登録者数も自然と増え、同時に再生時間も延びて行くからです。しかも収益化を達成した後も、動画再生回数が多ければそれだけ多くの収入を得る事が出来ます。つまりyoutubeで動画投稿してお金を稼ぐには、再生回数を如何にして稼ぐかが重要だと言えるのです。 再生回数を稼ぐために必要な事はまず、ある程度需要の見込める動画を作成する事だったりします。例えば自動車好きだから自動車に関連した動画を作ろうと考えた際、まずはyoutubeのサイトに行き、ログアウトした状態で検索項目に自動車というキーワードを入れてその後に空白を入れてみる事です。そうすると整備や運転、といった自動車の次にそれに関連するワードが出て来ます。これは大勢が自動車とそのワードを組み合わせて、動画検索を行っている事を示しているのです。多くの人が求めている動画の内容でもあるので、表示されるワードで動画の内容を決めれば再生回数が稼ぎ易くなります。同時にタイトルを付ける際にも、そういった人気の検索ワードの言葉を用いる様にするのです。そうすればその言葉で検索された時に、表示され易くなるので動画再生回数を稼ぎ易くなります。 動画再生回数を稼ぐには、サムネイルも分かり易く表示させる事も大事です。幾ら素晴らしい動画を作成し検索画面にそれを表示出来ても、選んで再生して貰えないと意味はありません。なので再生して貰える様に、興味を惹きつつも分かり易いサムネイルを意識して作成する事が必要です。 更に再生回数を効率的に増やし、youtube動画で稼ぐには動画をアップする時間にも注意する必要があります。例えば主婦向けの動画であれば、ターゲットが比較的暇な昼間にアップする事です。学生向けならば学校が終わった夕方頃に視聴する人が多いので、その時間帯を狙うといった形だったりします。動画をアップする時間帯を決めていれば、ターゲットが動画チェックするのを習慣化出来るため効率良く動画再生回数を増やす事が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です