安定した投資のために

私が1レースにつかう金額それほど多くなくて、競馬で確実に勝てる確信持てなくて、そこまでリスク取れないです。一応1レースに1万円ぐらいぶっこめる資金力あれば競馬で勝てる自信ありますが、確実ではなくて万一考えて怖くて、そこまでかけられません。そして、どうして競馬は資金少ないと不利になるのかですが、資金少ないと思うよう分散し馬券買うことができません。私は基本1レース2千~3千円程度で、複勝もしくはワイドをメインに買います。本命馬が連対したときリターン大きく単勝もちょっと買います。ですが、このぐらいの資金だと本線など資金配分がとてもむずかしいです。また少額で多くの点数買うことができなくて少ない点数で買う必要があり、すると始めに考えられるのは単福馬券を買うことですが、これはほかの券種に比べて的中率高いですが、回収率挙げにくいでメリットがあります。そして回収率100%多少超えるぐらいでは、資金少ないと利益ほぼ期待できず、単勝で1万円買うaさん、千円しか買うことできないbさんは同じ回収率でも利益10倍の差です。そして負けるときaさんが10倍負けますが。仮に1日3レース1年回続け回収率120%になったらaさんは約57万円の利益ですが、bさんは約5万円。月平均だと4800円ぐらいしか儲かりません。そして軍資金少ない方は単複馬券はローリスクローリターンの戦術です。また単複はローリスクローリターンで、馬連はハイリスクハイリターンで、その中間にあるのはワイドですが、馬連より的中率高く単複より回収率期待できて、資金少ない人はうってつけでしょう。程々な的中目指して単複以上の回収率実現するときワイドは効果的です。ですが、基本ワイドは穴馬券として非効率と思ってください。これは馬連より単に3倍の的中馬券ありますが、配当は馬連1/4~1/5程度しかならないことおおく、心理的に人気薄程ワイドが買われやすい性質で、その傾向は顕著です。逆人気馬同士のワイドは馬連1/2近いオッズになったりして、人気同士ならワイドより馬連買われやすいので、ワイドの配当にうまみでたりします。実際穴馬でも2着に来るのは十分あり得て、高配当狙う点で世間が買いづらいと思う馬連狙うこと妙味あるとも言えます。ですが、的中しやすいのは資金回転つながるメリットになり、ワイド購入するときどうかえばいいかかんがえてください。ワイドでも人気馬怪しいと思うレース選ぶのは大事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です